製造から年月が経っているものは修理の方法についても確認しよう

中古腕時計の中には、現行品には無い魅力的なデザインが採用されているものや、レトロな良い風合いを感じられるものが多く見られます。そうした中、製造から年月が経っている中古腕時計を購入したい場合には、使用方法や保管方法だけでなく、将来的に必要となる修理の方法についても確認しておくことが大事です。特に、機械式でムーブメントの構造が複雑な中古の腕時計については、修理を依頼できるところが限られてしまったり、多額のコストが発生したりすることもあるため注意しましょう。また、予算に余裕がある人は、全ての中古腕時計の購入者のために修理対応までしっかりとサポートしてくれるところや、ベテランの時計技師がいるところを購入先に決めるのもおすすめです。

購入をしてからどのくらいの期間使えるのか見極めよう

中古腕時計を購入してから後悔しないためには、購入後にどのくらいの期間問題なく使用できるのか、販売店の担当者に説明を聞きながら把握をしましょう。一般的に、国内外の有名ブランドが手掛ける金属製の時計については、正しいメンテナンスやクリーニングを行うことで、数十年にわたって使い続けることも可能です。また、仕事やプライベートなど時計を着用する場面が多い人は、機械式時計とクオーツ式時計の寿命の違いや、それぞれの手入れの際のコツについて学んでおくことが大事です。その他、できるだけ中古腕時計の購入後にお金を掛けたくない人は、時計専用のクロスや油、洗浄液などを使用した簡単なメンテナンスの方法をマスターすると良いでしょう。